使い捨てから、大切に使えるものへ

悲しくも何日間もそのままにされている傘。

人々も手で何かを触る事に慎重になっています。だから、拾わないし触らない。

これからは、提供側は捨てないもの、ゴミにならないものを作っていく事も考えていきたいところです。

人に環境にも優しいものが、さらに求められるのです。

最近投稿された記事

SNSメディア

LINE official @930icwrf

Copyright © 2019 永続経営研究所株式会社
RESERVA予約システムから予約する